インプレ・レビュー

【第一精工 高速リサイクラー レビュー】高速リサイクラー2.0の違いを比較

どうもナカシン(@e55361855)です。

ここ最近色んな釣りをしていてラインの巻替え作業をしたいと思いAmazonで『ラインリサイクラー』を調べていた時です

 

ナカシン
ナカシン
ん~、最新の『第一精工 高速リサイクラー2.0』の方が性能面は上がっているからそれにすれば?

 

赤鬼
赤鬼
だけど『第一精工 ライン 高速リサイクラー』の方が安いからこれにしよ。ポチッ!

 

ナカシン
ナカシン
聞いた意味、、。

 

ということでラインリサイクラーはラインの巻替え作業で必ず必要になる道具です。

 

今回は『第一精工 高速リサイクラー』のレビューをしつつ、『第一精工 高速リサイクラー2.0』との違いを解説していきます。

 

本記事は『【第一精工 ライン 高速リサイクラー レビュー】高速リサイクラー2.0の違いを比較』について書いていきます。

第一精工 ライン 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラーの外観レビュー

ということで届いた『第一精工 高速リサイクラー』がこちら▼

 

主な使い道は

  • リールに巻いてあるラインを空きスプールに巻き取る。
  • 新品のラインを、リールに綺麗に巻く。

この2つの作業がラインリサイクラーを使うことで時間を短縮することができます▼

 

第一精工 高速リサイクラーと高速リサイクラー0.2の違いを比較

旧型と新型の違いは、付属品、ボールベアリングの有無、取り付け幅の3つが違うだけです。

高速リサイクラー2.0には、ショートシャフトとロングシャフトの2種類のシャフトが付属しています。

高速リサイクラーにはロングシャフトのみが付属します。

高速リサイクラー2.0には、巻き戻しを容易にするために3つのボールベアリングが組み込まれています。
高速リサイクラーはボールベアリングを内蔵していません。

高速リサイクラー2.0の有効な取り付け幅は、デスクトップマウントを容易にするために43 mm(高速リサイクラーの場合は35 mm)です。

出典:第一精工

 

1つ1つ解説します。

ショートシャフトとロングシャフトの違い

第一精工 高速リサイクラー2.0』にはショートシャフトロングシャフトの2つのシャフトが付属してます。

 

第一精工 高速リサイクラー』にはロングシャフトのみ付属してます。

 

それぞれのシャフトの使い分けは、

  • ショートシャフト:幅が短いラインスプールを取り付ける用
  • ロングシャフト :幅が広いラインスプールを取り付ける用

つまり、ラインスプールの幅によって使い分けるためになります。

 

しかし、旧型にはロングシャフトしか付属していませんが、幅が短い空きスプールでも普通に取り付けることはできます▼

 

なので、僕的にはロングシャフトだけでもスプールの幅を気にせずライン交換できるので旧型でも十分だと思っています。

 

ナカシン
ナカシン
まさに、大は小を兼ねる!

 

ボールベアリングが旧型にはない。

第一精工 高速リサイクラー2.0』には3ボールベアリングが搭載されています。

 

旧型には1つも搭載されてません▼

 

ボールベアリングが搭載されていると、巻き戻しや巻き取りがスムーズに行うことが出来るみたいです。

 

では旧型はどうなのかというと実際に使ってみた感想は

 

特に問題なし。

 

何かぎこちない感じになるのかなと思ってましたが、僕的にはスムーズに巻き取れたとしか感じませんでした。

 

初めてラインリサイクラーを使う人には問題ではないですね。

 

ナカシン
ナカシン
スムーズな回転はリールにしか求めてないので笑

 

取り付け幅は8mm違う。

 

最大取り付け幅を比較すると

その差は8mmですね。

 

ちなみに僕みたいに家でのみ使うなら、普通のテーブルであれば『第一精工 高速リサイクラー』の取り付け幅でも十分でした。

 

一度取り付ける予定の場所の幅を測ってみてから購入した方がいいかもしれませんね。

第一精工 ライン 高速リサイクラー

第一精工 高速リサイクラーと高速リサイクラー0.2はどちらがおすすめ。

ナカシン
ナカシン
比較したけど、旧型の『第一精工 高速リサイクラー』でも十分かもしれないね。

 

赤鬼
赤鬼
買って正解だね!

 

ここまでの2つの違いを比較した結果

2つの違いまとめ
  • 性能面は新型の方がいい。
  • 出来ることは変わらない。

 

付属品のシャフトボールベアリングの有無取り付け幅の差の3つは『第一精工 高速リサイクラー2.0』が良いです。

 

しかし、使い方や出来る作業に変化はありません。

 

つまり、僕みたいにとりあえず交換作業が出来さえすれば性能なんて後回しという人には『第一精工 高速リサイクラー』でも良いですね。

 

ナカシン
ナカシン
あとは値段も旧型の方が安いしね!

 

金銭的な余裕や、上で書いた性能も大事!という人には『第一精工 高速リサイクラー2.0』方が使いやすいと思いますので、そこはよく考えた方がいいですね。

第一精工 高速リサイクラーの使い方

第一精工 高速リサイクラー』と『第一精工 高速リサイクラー2.0』は使い方はこちらの動画が参考になります▼

設置方法や使い方は共通です。

 

第一精工 高速リサイクラー比較まとめ

本記事は『【第一精工 ライン 高速リサイクラー レビュー】高速リサイクラー2.0の違いを比較』について書きました。

 

ラインリサイクラーはラインの巻替え作業を簡単に行うことができる非常に便利な道具です。

 

第一精工 高速リサイクラー』と『第一精工 高速リサイクラー2.0』は性能面は後者が上ですが、使い方や用途は全く変わりません。

 

1台持っておくと非常に便利なので検討してみて下さい。

 

以上ナカシン(@e55361855)でした。

第一精工 ライン 高速リサイクラー

 

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。