MENU
インプレ・レビュー

コルトスナイパー アオモノキャッチャーが有能すぎる!レビュー・インプレまとめ

2019年8月に発売された、「COLTSNIPER アオモノキャッチャー」を実際に使ってみたら結構良い仕事をしてくれるので、このジグの特徴と使い勝手を話したいと思います。

購入するか迷っていたり、おすすめの使い方を知りたいなら、ぜひ参考にしてみて下さい。

アオモノキャッチャーの特徴

アオモノキャッチャーの特徴は大きく3つあります。

・狂鱗カラー
・アシストフック
・メタルジグの形状

それぞれ見ていきましょう。

狂鱗カラーがリアルベイトに見えてしまう。

アオモノキャッチャーの特性に「狂鱗カラー」を採用しました、よく見ると鱗のようなボディになっているのが、特徴になります、これが、海中でキラキラ光るようなベイトを演出してくれて、広範囲にアピールしてくれます。

アシストフックはフッキング率を上げた仕様になっている

今回採用されている、アシストフックは全サイズ同じオリジナルツインフック(#1/0)を採用しています。

ダブルフックでフッキング率を高めてそれに形状にも注目して下さい、少し変わって形をしていますが、これが魚をフッキングした後に、バラしにくい構造になっているんです。

 

アオモノキャッチャーの形状について

アオモノキャッチャーのボディの形なんですが、全モデルの「コルトスナイパー」と同じ左右がピラミットみたいな形状になっているんです。※写真に赤線でなぞりました。

実際に使用してみて、この形状は「フォール」で強みが出ているのが分かりました。

アオモノキャッチャーのフォール姿勢は、ローリングしながらヒラヒラ落ちていきます。

ですので、通常のメタルジグより、遅く落ち、しっかりアピールしてくれるようなボディ構造になっているんですね。

また縦から見ると、後方に重心がかかっているのが分かります。

これで、キャスト時の飛距離を大きく稼いでくれるので、広範囲をサーチすることが出来ます。

しんの
しんの
シマノ製のルアーは飛距離がハンパないからね、マジで

アオモノキャッチャーの価格

公式ホームページでのアオモノキャッチャーのサイズ別の本体価格は

28g/71mm750円
35g/78mm780円
42g/85mm810円
60g/91mm850円

ちなみにAmazon(11月22日現在)での価格は、

28g/71mm578円
35g/78mm601円
42g/85mm624円
60g/91mm675円

カラーによっては少し値段が違いますが、価格も全モデルよりだいぶ安くなっていますね。

ちなみに楽天市場、yahoo!ショップよりAmazonの方が安いです

アオモノキャッチャーのおすすめアクション

アオモノキャッチャーのおすすめアクションは、

・ワンピッチジャーク
・ただ巻き
・トゥイッチ

おすすめアクションとは、ジグ本来の強みを活かす動きになります。

ワンピッチジャーク

ショアジギングでは基本のアクションです、メタルジグが着底後、中層ぐらいまで糸ふけを取りながらシャクるアクション。

基本動作のこのアクションは取り入れましょう。

ただ巻き

ロッドアクションは無しで、ただ巻いていくことです。

アオモノキャッチャーは後方に重心があるタイプなので、ただ巻きでも逃げまとうベイトのような演出アピールをしてくれます。

動きとしては、ローリングしながらテール部分が色んな方向に動く感じです。

トゥイッチ

ロッドを小刻みに動かすアクションです。

フロント部分にのみフックを付けているアオモノキャッチャーだから出来るアクションですね。

しんの
しんの
アクションもいろいろ試してみて、自分に合うものを探してみてもいいね

アオモノキャッチャーの口コミ、評判

アオモノキャッチャーの評判をツイッターから拾ってみました。

青物攻略には有能なメタルジグなのが分かりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

全モデルのコルトスナイパーよりもフッキング率を高めて、ボディに狂鱗カラーを搭載して値段も安くなったアオモノキャッチャーはショアジギングできっと役に立つでしょう。

ここまでのご朗読ありがとうございました。

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。