釣り雑学

【キス釣りを始めよう!】予算少なめで道具を揃えるならコレ!

キス釣りは必要な釣具さえ揃えられたら初心者でも楽しめる釣りです。

釣っても楽しい、食べても美味しい、家族やお子さん連れにもぜひおすすめしたい『キス釣り』

本記事ではキス釣りを始める際の必要最低限の釣具を、価格が安くておすすめのものを紹介します。

この記事の執筆者

ナカシン
ナカシン
私は釣り歴20年で、月間約2万PVのコスパ釣具レビューサイト「ナカログ」を運営、Twitterはこちら(@e55361855)

キス釣りに必要な釣具は4つ

絶対にコレだけは揃えておきたいのは↓

  • 竿(ロッド)
  • リール
  • 簡単仕掛け
  • エサ

それぞれ解説します。

キス釣り用の(竿)ロッドの選び方

実は竿(ロッド)は短くなければ何でも良いんです、仕掛けを遠くに飛ばせられる竿(ロッド)がキス釣りでは最も大事な要素になります。

 

最低でも2m以上の長さがあれば仕掛けを十分な距離まで遠投させられる事ができます。

だからといって知らないメーカーの竿を使うのは耐久性や性能面に不安があるので選ぶなら有名メーカーの竿を選ぶことをおすすめします。

キス釣りで安くておすすめの竿(ロッド)▼

ダイワ リバティクラブ サーフTは漁港、堤防、砂浜で使えるコストパフォーマンスに優れた竿です。

仕掛けを遠投できる性能をもち、魚がヒットした時のアタリも分かりやすいので釣り竿を持っていない人におすすめしたい竿の1つです▼

キス釣り用のリールの選び方

もしリール選びに困っているなら、道糸が一緒にセットになっているリールを選ぶとすぐに釣りを初められます。

 

ラインは『ナイロンライン』『PEライン』どちらでも良いですが、キス釣りはラインが擦れることが多いので『ナイロンライン』を選ぶのが良いでしょう。

メーカーは『ダイワ』や『シマノ』といった信頼できるとこから選べばすぐに壊れたり不良品にあたり可能性も低いですよ。

キス釣り用のリールおすすめ▼

シマノから19シエナです、ナイロンライン付きなのですぐに使えます、安物リールの中でも巻きや使い心地にも妥協がないのが魅力。

キス釣りなら番手は2500番手と3000番手が良いです、キス釣り以外のエサ釣りでも使いやすいのでぜひ参考にしてください。

キス釣り用の仕掛けの選び方

キス針、オモリ、リーダーをそれぞれ買うのも面倒なので1つにまとまった『投釣りセット』をおすすめします。

 

道糸を仕掛けに結ぶだけなので初心者でもすぐに始められます。

私がいつも使用しているのがハヤブサ(Hayabusa) かんたん投げ釣りセット 立つ天秤です、オモリ7号で仕掛けMが一番釣りやすかったのでぜひ参考にしたください▼

キス釣り用のエサの選び方

エサは『ゴカイ』をおすすめします、キスは『ゴカイ』を好んで食べます。

釣具屋に行って店員さんに言えば貰えます、扱っていない所もありますので注意です。

500円分なら半日は楽しめますので参考にしてください。

ちなみに餌の付け方は、下の写真のようの付けるのが良いですよ、キスはエサを吸い上げるのであまり大きいと食いが悪くなるのでカットしましょう。

キス釣りで便利なアイテムを紹介

キス釣りをする時にあったら便利な釣具を紹介します。

ハサミ(カッター)

エサをカットするときや、仕掛けを切る時におすすめです。

自宅にある小ハサミでもよいですが、釣り専用のハサミやカッターならスムーズに切ることができるので良かったら参考にしてください。

クーラーボックス

長い時間キス釣りを楽しむなら、クーラーボックスは必要ですね。

釣れたキスはビニール袋に入れて氷が入ったクーラーボックスに入れておけば鮮度を保ちながら自宅に持って帰れるのでぜひ用意しておきたいアイテムですね。

まとめ:道具を揃えてキス釣りを楽しもう!

以上になります。

本記事で紹介した釣具を参考にして、ぜひキス釣りを楽しんでみてください。

この記事の執筆者

ナカシン
ナカシン
私は釣り歴20年で、月間約2万PVのコスパ釣具レビューサイト「ナカログ」を運営、Twitterはこちら(@e55361855)

 

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。