ルアー

シマノ ソアレ ライズスピン14gは深い場所から浅瀬まで対応したクロダイゲームに特化したルアー

 

年間通して釣れるクロダイは
ゲーム性も高くアングラーの
中でも人気が高い魚種です。

2021年7月に発売、
ソアレ ライズスピン 14gも
クロダイゲームを攻略する
ルアーの1つです。

画像出典:シマノ

位置的にはスピンテールと
バイブレーションの中間として
イメージしていただきたいです。

どういったシチュエーションで
使えるのか少し解説します。

この記事の執筆者

ナカシン
ナカシン
私は釣り歴20年で、月間約2万PVのコスパ釣具レビューサイト「ナカログ」を運営、Twitterはこちら(@e55361855)

ライズスピン14gを使うシチュエーションとは

クロダイゲームの経験者なら
理解していると思うが、

夏場などは主に
シャローエリア(浅瀬)から
狙うのがセオリーですね。

なのでライズスピン14gは
トップウォーターや
シャッドプラグと比べても
使う優先度は低いと
言われている。

画像出典:シマノ

だが、秋の時期のクロダイは
捕食対象が甲殻類よりも
ベイトフィッシュを好む
傾向がある。

イナッコやイワシといった
秋のベイトに対応している
のがライズスピン14gの
武器の1つです。

またライズスピン14gは
自重が重いことから
ボトム付近の攻略に
向いています。

ベイトフィッシュを強く
意識している秋では
プラグやトップウォーターよりも
さらにフラッシングが強いルアーに
反応する事が多いそうだ。

画像出典:シマノ

また、遠投性があるので回遊性が
高い状況下では障害物周りよりも
広範囲で捕食している事が多い

そういった場面での使用頻度が高い。

ライズスピン14gはシーバスゲームでも使える

ブレード付きバイブレーションルアーは
シーバスゲームでもヒットに持ち込む
ことが可能だそうだ。

画像出典:シマノ

またクロダイもこういった
ギラギラ光るルアーに
飛び込んでくるので

シーバスとチヌ両方狙える点も
ライズスピン14g魅力の1つ
だと言ってもいいですね。

画像出典:シマノ

ちなみにライズスピン14gは
ウエイト的にも重いので
シーバスロッドでの扱いにも
向いていると言われている。

 

まとめ:優先度は低いがボックスには1つ入れておきたい。

ライズスピン14gはクロダイゲームを想定したルアーだが、使う優先度はあまり高くないです。

優先度的にはシャッドプラグ>トップウォーター>ライズスピン14gだと言われています。

夏場のクロダイゲームでは出番は少ないと思われるが、秋ではベイトフィッシュに対応したルアーとして使う頻度は高くなっていくでしょう。

この記事の執筆者

ナカシン
ナカシン
私は釣り歴20年で、月間約2万PVのコスパ釣具レビューサイト「ナカログ」を運営、Twitterはこちら(@e55361855)

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。