ライトゲーム

シマノ 21ソアレXR ロッドのレビュー:小さいルアーで大物まで釣れるライトソルトロッド

21ソアレXR ロッドのアイキャッチ画像

2021年秋冬に21ソアレXR ロッドが登場しました。

幅広いラインナップに合わせて、日本全国あらゆるライトゲームに対応したライトソルトロッドとなっています。

21ソアレXR ロッド

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

本記事では21ソアレXR ロッドの▼

  • 特徴と魅力
  • プロ御用達おすすめモデル

について解説しています。

最新価格を見てみる▼

21ソアレXR ロッドの『欲張り』な仕上がりと性能

21ソアレXR ロッドの魅力と特徴は▼

  • 『釣る』までの過程を大事にしている。
  • ライトゲームで重要な『精度』が高い性能
  • 魚種制限解除されたライトソルトロッド

この3つを詳しく解説します。

『釣る』までの過程を大事にしている。

21ソアレXR ロッド

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

21ソアレXR ロッドは魚がヒットするまでの過程を非常に大切にしています。

搭載されている技術の恩恵として▼

  • 『ルアーを遠くに飛ばすキャスト性能』
  • 『操作と感度を徹底した構造』
  • 『トラブルを最小限に軽減した各部』
  • 『ストレスフリーな軽量感』
  • 『魚を釣り上げるパワーとネジレ防止』

本気でライトゲームを楽しみたい人向けのロッドとなっていますね。

そうなると、モデル選びは特に重要になります。

11機種ある中で、自分がどういったルアー、ワーム、プラグ、ジグヘッドを使うのかを徹底的に調べてから選ぶ必要があるので初心者には少し厳しいかもしれません。

21ソアレXRロッドのモデルラインナップ

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

しかし、自分にピッタリのモデルを選べれば、それ1本で1年中ライトゲームを楽しめるのが21ソアレXR ロッドの魅力と言ってもいいです。

ライトゲームで大事な『精度』が高い性能

魚がヒットするまでの過程を大事にする上で、21ソアレXR ロッドは『精度』が高い性能に仕上がっています。

まず、ガイド部分はXガイドを採用。

トラブルを大幅に軽減し、軽いルアーを扱うライトゲームでもキャスト性能を高めています。

21ソアレXR ロッドのXガイド

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

リアグリップにカーボンモノコックグリップを採用。

ロッドから手元までの情報伝達力に優れており、全体の軽量化にも貢献している技術です。

21ソアレXR ロッドのカーボンモノコックグリップ

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

モデルによって分かれる3つのディップ(穂先)はモデル選びで重要なカギとなるので知っておくと便利ですよ▼

魚種制限解除されたライトソルトロッド

私の中で、『ソアレ』というブランドはアジやメバルなどのライト釣りメインな仕様になっているイメージでした。

しかし、この動画を見た時にあらゆる魚種に対応しているロッドなのが分かります。

真鯛を釣り上げる湯川さんすごいですよ▼

ブランクスにはスパイラルXコアハイパワーXの2つを採用しているからこそ、粘り強くパワーのあるファイトが可能となっています。

ルアーの飛距離向上に加え、不意な大物でも強さを発揮してくれます。

21ソアレXR ロッドのブランクス技術

出典:SHIMANOTV公式チャンネル

21ソアレXRのモデルラインナップ解説

21ソアレXRのラインナップは全11種。

その中でも注目して欲しいモデルがこちら▼

  • S54SUL-S
  • S510L-S
  • S76UL-S
  • S80UL+-S

少しだけ解説します。

S54SUL-S:繊細な釣りが得意なモデル

21ソアレXR ロッドのS54SUL-S

出典:シマノ

1g以下のジグヘッドを繊細なロッド操作で扱いたいならおすすめのモデルです。

短いロッドの中でも、見せて食わす事が得意でディップ(穂先)のしなやかさを活かし巻きでのアピールも可能となっています。

スペックと搭載されている性能のバランスが良く、丹羽喜嗣さんもアジングでは好んで使用するモデルと言っています。

ディップ(穂先)でアタリを感じ取りたい、アジングなどの繊細な釣りを特にする人はS54SUL-Sを検討してみて下さい。

S510L-S:色んなシチュエーシンでのアジングにおすすめ

21ソアレXR ロッドのS510L-S

出典:シマノ

深場や、潮の流れが早い場所でのライトゲームをする人におすすめのモデルです。

ディップ(穂先)にハリがあるので、潮の流れや強風時でもルアー操作に無駄のない動きを引き出すことができます。

『風が強いから』『潮の流れが早いから』と言った釣りづらい状況下でも、しっかり釣果を出せるのが特徴ですね。

その日のコンデションに左右されない繊細な釣りを楽しみたいならぜひ検討してみて下さい。

S76UL-S:サーチ力抜群のモデル

21ソアレXR ロッドのS76UL-S

出典:シマノ

軽量系のワームやジグヘッドを、より遠くに飛ばしたい人におすすめです。

ライトゲームの中でも定番と言われているS76UL-Sは、軽量ルアーを遠くにキャストしつつ繊細な操作が可能となっています。

近距離が得意なショートレングスとは反対に、中距離まで探れるのでヒットする確率も非常に高いのが特徴ですね。

攻めた釣りをしたい、無難な1本を選びたい人はぜひ検討してみて下さい。

S80UL+-S:ライトゲームでも大きめの魚に対応

21ソアレXR ロッドのS80UL+-S

出典:シマノ

1本で幅広いライトゲームをしたい人におすすめのモデルですね。

1.5g〜14gと軽めのルアーから重めのルアーまで扱えるので、色んなシチュエーションで扱えるスペックとなっています。

湯川マサタカさんもこのモデルで、ショアレッド(真鯛)を釣り上げています。

動画を見るかぎり、ロッドの粘り強さとパワーも信頼できますね。

ライトゲームロッドでも釣り上げる魚種を制限せず、釣り方や魚の引きをより楽しみたいならS80UL+-Sを検討してみて下さい。

21ソアレXR ロッドのレビューまとめ

本記事は『シマノ 21ソアレXR ロッドのレビュー:小さいルアーで大物まで釣れるライトソルトロッド』について書きました。

21ソアレXRは釣るまでの過程を大事にした、様々な性能を搭載したロッドとなっています。

ライトゲームの中でも、『精度』が高い性能を持っているのでさらに上の領域での釣りが楽しめるロッドとなっています。

従来のロッドに物足りなさを感じているなら、ぜひ検討してみて下さい。

最新価格を見てみる▼

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。