ショアジギング

シマノから低活性時に効果的なコルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cが登場!

アイキャッチ画像出典:youtube

どうもナカシン(@e55361855)です。

 

コルトスナイパーシリーズに新たなルアーが登場しました。

 

その名も『コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-C』▼


出典:youtube

 

ということで本記事は『シマノから低活性時に効果的なコルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cが登場!』について書いていきます。

ロックディープ120Sの5つの特徴


出典:youtube

コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cの特徴は大きく5つあります▼

  • 低活性の青物に効くシンキングタイプ
  • 水を掴みやすい大型リップ
  • 耐衝撃性に強い3X BODY
  • よりリアルなベイトを演出する狂鱗/強鱗ボディ
  • 飛距離アップのAR-Cシステム

低活性の青物に効果抜群


出典:youtube

マヅメ時の青物は活性が高く表層付近にいることが多くなりますが、マヅメが終わるとボトムから中層付近を回遊しています。

 

こういった状態の時はトップルアーを使っても口を使ってくれません、そんな時に有効なのが『コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-C』です。

 

シンキングタイプなので中層からボトム付近をサーチすることが出来ます。

 

水を掴む大型リップが採用


出典:youtube

コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cの特徴的ともいえるのがこの大型リップです、ただ巻きでしっかり水を掴んで深いレンジを泳ぐことが出来ます。

 

衝撃に強い3X BODYを採用


出典:youtube

コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cが最も活躍する場所は磯場です、磯にルアーが当たっても衝撃に強い3X BODYを採用しています。

足場の高い磯場でも、安心して使えますね。

 

リアルベイトを演出する狂鱗/強鱗を採用


出典:youtube

シマノオリジナルホログラム狂鱗/強鱗を採用しています、止まっているだけでも魚が口を使ってくれるリアルボディはまさにシマノルアー最高傑作の技術です。

 

飛距離アップのAR-Cシステム採用

飛距離を出すために必要となってくるのがAR-Cシステムですね、この重心移動構造があるかないかでルアーの飛距離にかなり影響します。

ロックディープ120SのPV動画

 

ロックディープ120Sの口コミと評判

口コミと評判をツイッターから引用しました▼

ロックディープ120Sの紹介まとめ

本記事は『』について書きました。

 

マヅメの時間帯って短くて1時間ぐらいだから、魚が下に沈んだ時にどうアピールできるかが課題でした。

 

コルトスナイパー ロックディープ 120S AR-Cはそういった低活性の青物に口を使わすいわば最終手段のルアーになると考えています。

 

後、もし寝坊して朝マヅメが終わってもとりあえずこのルアーをもっておけばなんとか釣果が出るかもしれませんね。

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。