MENU
インプレ・レビュー

JACKALL(ジャッカル)ビッグバッカーメタルバイブを使ったら青物爆釣れ!口コミ、使い方、デメリットも解説

今回はショアゲームでJACKALL(ジャッカル)「ビッグバッカー メタルバイブレーション 128mm/44g」を使ってみたら、かなりおすすめだったので紹介します。

シーバス用〜ショアジギング用まで幅広く使える、ビッグメタルバイブレーションは様々な場面で活躍できると期待できます。

タックルケースに1つは入れておきたい、ルアーであるため

本記事では、ビックバッカー128、メタルバイブレーションについて書いていきます。

本記事の参考ルアーは、「ビッグバッカー メタルバイブレーション 128mm/44g ナマキッス」を使用しました。

ビッグバッカー128の開封レビュー

では開封していきます。
開封前はこんな感じです。
3つのフックがついています、今回はナマキッスカラーなので、見た目はこんな感じです。
スナップ、リングを付ける穴が3つあります、付ける位置によって水中での傾き方や、アクションが変わると思いますが、基本的には真ん中に付けて使うのがベストだと思います。
手のひらに置くとこんな感じです、ヘッド部分がリアルな魚に見えますね、またビッグバッカーの中でも一番多いきい128mmなので、アピール力もありそうです。

ビックバッカー128で釣れる青物

公式サイトから引用します。

シーバス用~ショアジギング用まで、様々なタックルで扱うことができる44g設定のビッグメタルバイブレーションです。シリーズ共通の特徴である集魚力と遠投性能をさらに高めることで、大型のシーバスだけでなく、ヒラメ、サワラ、ブリなど、大型の餌を捕食する魚を魅了します。

出典:JACKALL

中型青物〜大型青物orシーバスを釣りたい人向けに選んで欲しいのがビッグバッカー128になります。

僕が使った際は、サゴシがかなり連発しました。

ビッグバッカー128の使い方、アクション

これに関しては、ビッグバッカーのシリーズ全てに共通しますので参考にして下さい。

レンジキープしながら逃げるベイトを演出できるビッグバッカーは表層〜ボトムまでサーチすることが出来ます。

表層→キャスト後に2秒後に巻く

中層→キャスト後に5秒後〜8秒後に巻く

ボトム→キャスト後にジギングと同様に着底を感じたら巻く

 

アクションは「ただ巻き」、これだけでかなりのアピールが出来ます。無駄なロッド操作は必要ありません。

ビッグバッカー128のカラーラインナップと選び方

ビッグバッカー128のカラーは現在(2019年11月)までに出ている数は21種類あります。

カラーの選び方で失敗したくないなら、イワシカラーを選べば、ほぼ間違いないです。

理由は、ショアゲームのベイトは大体がイワシのところが多いからです。

イワシカラーだと、イワシ/ボーダーホロ超イワシグローベリーあたりをチョイスしたらいいでしょう、少し明るくしたいなら、ピンクバッグイワシ/ボーダーホロまたはグリーンバッグイワシ/ボーダーホロを選べば無難でしょう。

ビッグバッカー128のデメリット

実際使用して感じたデメリットを教えます。

僕はショアジギングではルアー、メタルジグはスプリットリングに繋いで使用していますが、ビッグバッカー128をスプリットリングで繋ぐと周りの塗装が一気に剥がれます。

 

もう一つは、キャスト後にリーダーにフックが絡まる事「エビる」事が多々あります。
原因は、間違ったフォーム、姿勢でのキャスティングで起こります。

段々、数をこなせば治せますが、初心者の方などには扱いが難しいと思います。

ビッグバッカー128の口コミ、評価

ビッグバッカーの使用レビューをTwitter、インスタから拾ってみました。

まとめ

今回は、ビッグバッカー128を使用したら、めちゃくちゃ釣れたので紹介しました。

もし、まだ持ってないならホントにおすすめできるメタルバイブレーションなのでぜひ使ってみてはどうでしょうか。

ここまでのご朗読ありがとうございました。

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。