インプレ・レビュー

シマノ 『ピットブル8』の強度や耐久力は大丈夫?レビューと紹介解説

どうもナカシン(@e55361855)です。

PEラインって高いものが多いから、少しでも安くて信頼度が高いラインってないのかな。

そういった人に、今回はコスパ抜群
ピットブル8 』を紹介します。

出典:シマノ

高分子量ポリエチレンを素材としているため、強度が高い低伸度PEラインの『ピットブル8 』はお手軽な値段で、使用者も多いPEラインになります。

ナカシン
ナカシン
僕もシマノリールにしてからはこのPEラインにいつもお世話になってるよ!

本記事では『シマノ 『ピットブル8』の強度や耐久力は大丈夫?レビューと紹介解説』を書いていきます。

[kattene]
{ “image”: “https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51KgWYSJIbL._SL160_.jpg”,
“title”: “シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル8”,
“description”: “テンションを掛け、緻密に編み込んだ8本編み工法「VT工法」採用”,
“sites”: [

{ “color”: “orange”,
“url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1545856&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2FB079MGZZ18”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true” },

{ “color”: “red”,
“url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1545853&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fangle%2F4969363573186%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fangle%2Fi%2F10045375%2F”,
“label”: “楽天” },

{ “color”: “blue”,
“url”: “https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3507198&pid=886370890&vc_url=https%3A%2F%2Fpaypaymall.yahoo.co.jp%2Fstore%2Ff-marin%2Fitem%2F4969363572806%2F%3Fsc_i%3Dshp_pc_search_itemlist_shsrg_title”,
“label”: “Yahoo!” }

] } [/kattene]

ピットブル8の外観開封レビュー

ピットブルシリーズは、素材も製造も全て日本製なので安心のPEラインです。

ナカシン
ナカシン
1つでも海外製だとちょっと不安だね。

 

中にはラインと、小さい紙が入っています。

 

ラインカラーは、
ライムグリーン』『スーパーブルー
の二種類です。

おすすめは『ライムグリーン』です、
理由は目でPEラインを確認する時に一番見やすいからです。

 

シマノ製リールには、同じメーカーのPEラインを巻くと統一感があっていいですね。

ピットブル8のスペックを比較

ピットブル8 』のスペックを書いていきますが、他メーカーのコスパ重視のPEラインと比べながら解説します。

上記で上げた3つはコスパがよく評判が良いPEラインです。

その3つのスペックを表にまとめてみました↓

品名号数長さ最大強力lb
(kg)
価格
ピットブル81号200m22.4lb
(10.2kg)
1,999円
シーガーPEX81号200m20lb
(9.1kg)
1,773円
ハードコアX81号200m20lb
(9kg)
1,942円

※価格はAmazonを参考にしました。

最大強力はやや高い

ピットブル8 』の最大強力は他の2つと比べてやや高い結果が出ています。

しかし、これは各メーカーの試用実験による結果なので、何とも言えない差ですが、『ピットブル8 』の方が耐えられる強さは高いです。

 

価格は3つの中でやや高い

しかし、現在(2020/03/12)のAmazonでの価格は3つの中で高いことが分かりました。

これに関しては、価格の安さだけを見たら、『ピットブル8 』は上記の3つの中でも一番下の順位になってしまいます。

 

ピットブル8はなぜ人気なのか。

ここまでの話から『他のPEラインでもいいんじゃないの?』と思うかもしれません。

ではなぜ僕も含めて、ピットブルシリーズを使用する人がいるのか解説します。

 

素材と製造がすべて日本だから

まず一番に注目してほしいのが、『素材』『製造』です。

この2つが全て『日本製』と公式サイトで発表されているからです。


出典:シマノ

『IZANAS』という技術特性がありますが、これは素材である『高分子量ポリエチレン』日本の源糸だという証明になります。

ナカシン
ナカシン
他のPEラインも大体が日本製造だけど、素材も日本で作られたものだという記載はあんまり見ないからね。

海外で作られたものは、素材に不純物が入っていたりラインにムラがあったりする可能性もあるので、僕は100%日本製のピットブルシリーズを選んでいます。

 

強力と低伸度を高めた作り

ピットブルシリーズの技術特性に『VT工法』と言うものがあります。

これはシマノが編み出した、最大強力(lb)低伸度を他メーカーのPEラインよりも高めた編み方になります。

通常だとラインブレイクしてしまう場面でも、『ピットブル8 』ならギリギリ耐えられるのはこの『VT工法』のおかげだと思っています。

 

PEラインとして『信頼度』が高い

上で書いた2つの特徴を実感して信頼のおけるPEラインだと確信しました。

以前、『ピットブル8 0.6号』のPEラインで大型青物をかけた時があります↓

結局バラしてしまいましたがPEラインは切れることなく10分間のファイトにも耐えてくれました。

ナカシン
ナカシン
この時に改めて信頼出来るPEラインだと感じたね。

 

まとめ

ピットブル8 』はコスパPEラインの中でも、『信頼度』が高いPEラインです。

もしコスパと信頼の2つを求めるのであれば『ピットブル8 』は上位ランクのPEラインだと思います。

以上ナカシン(@e55361855)でした。

公式ページ⇨シマノ ピットブル8

[kattene]
{ “image”: “https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51KgWYSJIbL._SL160_.jpg”,
“title”: “シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル8”,
“description”: “テンションを掛け、緻密に編み込んだ8本編み工法「VT工法」採用”,
“sites”: [

{ “color”: “orange”,
“url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1545856&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fdp%2FB079MGZZ18”,
“label”: “Amazon”,
“main”: “true” },

{ “color”: “red”,
“url”: “https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1545853&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fangle%2F4969363573186%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fangle%2Fi%2F10045375%2F”,
“label”: “楽天” },

{ “color”: “blue”,
“url”: “https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3507198&pid=886370890&vc_url=https%3A%2F%2Fpaypaymall.yahoo.co.jp%2Fstore%2Ff-marin%2Fitem%2F4969363572806%2F%3Fsc_i%3Dshp_pc_search_itemlist_shsrg_title”,
“label”: “Yahoo!” }

] } [/kattene]

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。