インプレ・レビュー

【シマノ 17 セフィアCI4+ インプレ】エギングで釣果を上げやすい性能が盛りだくさん

評価:4.8

どうもナカシン(@e55361855)です。

 

年々進化していてエギングをしているなら知らない人はいないシマノの『セフィアシリーズ

 

今回はセフィアリールの上位機種『セフィアCI4+ C3000SHG』を紹介したいと思います。

 

使ったことがない人に『どんなリールだった?』と聞かれたら、『他のリールが使えなくなるよ』と答えるぐらい性能と使い心地が最高のリールでした。

 

ナカシン
ナカシン
今までエギングで使ったリールには申し訳ない。

 

ということで本記事では『【シマノ 17 セフィアCI4+C3000SHG レビュー】エギングで釣果を上げやすい性能が盛りだくさん』について書いていきます。

本記事は『セフィアCI4+ C3000SHG』を参考にした記事になります。

セフィアCI4+ C3000SHGの外観レビュー

セフィアシリーズの中でも『セフィアCI4+』はシマノエギング最高峰ランクのモデルになります。

 

今回使用した『17セフィアCI4+ リール』の大きな特徴は3つ

 

セフィアCI4+ リールの特徴
  • ハンドルにも『CI4+』を採用したので軽い。
  • NEWマグナムラインローラー』で巻心地が滑らか。
  • コアプロテクト』によって耐久力アップ

 

では外観をレビューしていきます。

 

全体のデザインは『セフィア専用カラーリング』で赤黒の配色金色のベールとなっています。

めちゃくちゃ、かっこよくないですか?

持ってるだけでモチベーションが上がる外観は、釣り人のやる気を湧き上がらせてくれる気がします▼

 

最大約14%の回転慣性の低減に成功させた『NEWマグナムライトローター』を採用。

使った人なら誰もが感じる、回転の軽さはクセになります▼

 

ボディ全体とハンドル部分に新カーボン素材の『CI4+』を採用したことにより、自重が185g軽量化されています▼

 

ベールはゴールドカラー視認性がよくて操作も楽にできます▼

 

CI4+製ハンドル』はとても軽く、また掴みやすい形状になってるので、すっぽ抜けが軽減されてます▼

 

ボディ内部に『Gフリーボディ』を採用、これはリール全体の重心を手元に近づけることによって、キャスト時の疲労の軽減やロッドの操作性をアップさせています▼

 

ドラグも非常に大きく掴みやすいタイプになってます。

ラピッドファイアドラグ』を採用したことにより、ドラグ力調整も瞬時に行うことができます▼

 

PEラインの糸巻量は以下になります。

  • 0.6号➡200m
  • 0.8号➡150m
  • 1号➡110m

僕的に、おすすめは0.6号ですね、エギングで使用するには丁度よい太さなのと、最大200m巻けるからです。

セフィアCI4+ C3000SHGの使用インプレ

実際に『セフィアCI4+ C3000SHG』使用した感想を書きていきます。

 

使用した感想をまとめると、

セフィアCI4+ C3000SHGの使用感想
  • 巻心地がすごく軽い。
  • ドラグ調整も文句なし。
  • タックル全体が軽くなった。
  • 付属で付いてたリールスタンドがありがたい。
  • ハイギアなので無駄に巻いてしまう場面も。

それぞれ解説していきます。

巻き心地がものすごく軽い。

まず一番に感じたのは、巻き心地の軽さです。

 

今までいろんなエギング用リールを使用したから分かりますが、とにかく軽いです。

 

巻心地の軽さは、長時間の釣行での疲労を軽減してくれるとの、巻く動作の操作性も高めてくれるので、非常に使いやすかったです。

 

今回紹介しているのはハイギア仕様なので、ノーマルギア仕様だともっと軽い巻心地を体感できると思います。

ドラグ調整は文句なし

ドラグノブが大きいので調整もしやすかったです。

 

ドラグノブが大きいと、いちいちドラグの位置を目で確認しなくても、掴むことが出来るので便利です。

 

ドラグは『ラピッドファイアドラグ』なので、ドラグの力の変化が大きく、瞬時にこのぐらいのドラグ力にしたい時などにかなりおすすめです。

 

ナカシン
ナカシン
エギングでのアクションや、ヒットした時なんかにすぐにドラグ調整できるから良いね!

タックル全体が軽くなった。

リールの自重が200g以下という軽さなので、タックル全体の重量も軽くなった気がしました。

 

長くエギングをしていると、手首の疲労や、キャスト疲れなどが起こりますが、『セフィアCI4+ C3000SHG』を使用したときは若干軽減された感じがしました。

付属で付いてたリールスタンドがありがたい。

購入したときの初期付属品に『リールスタンド』が付属されています。

 

これは絶対に使用することをおすすめします。

 

リールがキズつくのを防ぐ効果があるので、付けて損することはまずないです。

ハイギアなので無駄に巻いてしまう場面も。

セフィアCI4+ C3000SHG』はHG(ハイギア)仕様なので、1回の巻き上げ量が多くなります。

 

ですので、シャクったときに出る糸フケを回収する時などに上手く調整しないと、エギに不自然な動きを出させてしまうことになります。

 

エギング専用リールとして使うなら、『セフィアCI4+ C3000S』のようにノーマルギアを使用するのがいいです。

 

ナカシン
ナカシン
僕はエギング以外にも、メタルジグなどを使用する事もあったので回収が早いハイギア仕様を選びました。

 

セフィアCI4+レビューまとめ

評価:4.8

本記事は『【シマノ 17セフィアCI4+リール レビュー】軽いのに耐久力抜群のエギング用リール』について書きました。

 

セフィアCI4+ C3000SHG』はシマノエギング最高峰モデルのリールです。

 

NEW マグナムライトローター』による巻き上げの軽さと、リール全体が『CI4+』素材を採用したことにより185gという軽さとなってます。

 

また『コアプロテクト』によってリールの耐久力も上がってます。

 

エギングでただイカを釣るのではなく、巻く動作、操作性、感度などリールの性能をフルに発揮して、気持ちよく、スタイリッシュに釣果を上げられる最高のリールです。

 

以上ナカシン(@e55361855)でした。

公式ページ➡セフィアCI4+

【シマノ 19セフィアSS リール インプレ】上位機種に近い性能を体感できる最強リール19 セフィアSS C3000SHGの使用レビューになります。上位機種と遜色ない性能面を見せてくれたコスパ最強リールなのでそれも踏まえて解説しています。...
【シマノ 18セフィアBB ロッド レビュー】このエギングロッド基本性能揃ってます。SHIMANO セフィアBB ソルトウォーターロッドのレビュー、インプレ記事です。使用した感想とモデルの選び方など詳しく解説してます。...
ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。