ライトゲーム

【21ソアレXR リール】をレビュー:ライトゲームに欠かせない技術が多く搭載されている!

21ソアレ リール

シマノから2021年の秋冬にソアレXR リールが登場しました。

ソアレシリーズの中でも中心モデルとして、ライトゲームをさらに楽しみたい方にはおすすめの機種となっています。

21ソアレXR リール

出典:シマノ

ライトゲームとは

小型ルアーやワーム、軽量ジグを使ったルアーフィッシング。主にアジやメバル、根魚、小型青物などをターゲットに誰でも気軽に楽しめる釣種です。

私がソアレXRの魅力に気づいたきっかけは、湯川マサタカさんの釣行動画です。これはぜひ見るべきですよ!

出典:SHIMANO TV公式チャンネル 

本記事では、ソアレXR リールを購入予定の人に向けて分かりやすく解説したいと思います。

この記事の執筆者

ナカシン
ナカシン
私は釣り歴20年の釣具ライターです。月間約3万PVも読まれている釣具情報サイト「ナカログ」を運営、Twitterはこちら(@e55361855)

21ソアレXR リールのここが良い!

2021年に登場した21ソアレXR リールの魅力はコレ▼

  • ヒットした後のバラしが高軽減したドラグシステム
  • 繊細で釣りに集中できる巻き性能
  • 不意な大物にも対応出来る強さ

この3つを少しだけ解説します。

必ず釣り上げます!優秀なドラグシステム

今回の21ソアレXR リールの中でも1番に注目して欲しいのがドラグシステムです。

ハイレスポンスドラグという特殊なドラグ機構を採用、これにより魚がヒットした後のバラしや途中の糸切れを大幅に軽減しました。

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

 

従来のドラグシステムによくあるのが、自分で設定したけども『思ったよりも糸が出ていかないなぁ〜』とか『けっこうガッチリだな〜』と言ったように自分のイメージ通りに働かないといった経験はないですか。

しかしハイレスポンスドラグは、自分が最初に思ったドラグ設定で快適に釣りができるようになっているんです

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

 

特殊なドラグシステムが、自動的に引きの強さに合わせてスムーズに滑り出します。なのでファイト中の調整が不要ですね。

これによりフックアウトや途中のライン切れを大幅に軽減しました。

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

 

湯川マサタカさんが使用している動画でも、ヒットした後の無駄なドラグ調整を一切していないので、ホントにスムーズに滑らかなドラグシステムなんだな〜ていうのが分かりますよ。

今後のライトゲームに置いて、ハイレスポンスドラグは非常に大切となる技術になりますね。

不意な大物にも対応できる強さ

21ソアXRのもう1つの魅力は、『強さ』だ。

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

 

湯川マサタカさんも実際、21ソアレXR リールで真鯛を釣り上げています。

その要因はハイレスポンスドラグで強い引きにも的確なドラグシステムが働いていのは勿論ですが、

内部にXシップを採用していることにより、負荷がかかっても軽快に巻けるので時間は掛かるが釣り上げる事が出来るようになっている。

 

アタリやアクションに集中出来る巻き性能

21ソアレXR リールには滑らかな巻き心地を体感できるマイクロモジュールギアⅡ

また、静粛性と巻いた時のガタや揺れなどを徹底的に排除したサイレントドライブを搭載しています。

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

この2つは上位機種ならではの技術で、繊細な釣種でもあるライトゲームでは非常に相性が良いですね。

私も体感したことがありますが、マイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブを搭載したリールはホントに『巻き』に拘るアングラーでも納得行く使い心地を得られます。

21ソアレXR リール

出典:SHIMANO 公式チャンネル

 

アタリを見逃さない集中力、巻きながらのアクション動作を徹底したい人にはおすすめです。

 

21ソアレXR リールのデメリットや気になる点

21ソアレXR リールで気になる点を調べましたが今のところ大きな問題は見つかりませんでした。

少しだけ気になるのは、『自重』ですね。

21ソアレXR リールの自重▼

  • C2000SSPG:155g
  • C2000SSHG:155g
  • C2500S:165g

特に上位機種や同価格のリールと比べれば、5g前後重いスペックとなっていました。

しかし、この差で釣りに大きな影響を与えることは正直考えられません。

実際、ソアレCI4+よりも遥かに軽量化されて扱いやすくなっているのは確かです。

なので、自重が気になる方は問題視しなくても良いと思います。

21ソアレXR リールの3モデルの特徴

21ソアレXR リールの3モデルの特徴を解説していこう。

C2000SSPG:ルアーに細かいアクションを付けたいならコレ

21ソアレXR リール

出典:シマノ

 

軽量ワームや小型ルアーをメインに扱うならこのリールがおすすめです。

PG(パワーギア)なので一回転あたりの巻き量が少ない分、ルアーの動きを最小限に出来るのでより繊細な釣りをしたい、丁寧に水中を探りたい人にはおすすめです。

デメリットは、風が強い中だとキャスト後のラインスラッグを回収するのに少し手間がかかる事ですね。

後は、ルアーを回収するのに余分にハンドルを回さないといけないので『戻ってくるの遅いな〜』と感じることもあります。

しかし、巻き心地は他のラインナップと比べても軽いので、女性でも扱いやすくなっています。

C2000SSHG:ライトゲームの汎用性が高いモデル。

21ソアレXR リール

出典:シマノ

 

小型ルアーや、軽量ワームで狙えるターゲットなら幅広く対応できるモデルとなっています。

ゆっくり巻きや、緩急をつけた巻きをしたい人にはおすすめのモデルとなっています。

特にライトゲーム経験者にとっては、汎用性が高いので様々なシチュエーションでその実力を発揮できるので選んで失敗することは少ないと思います。

1回転あたりの巻き上げ量が多いのでルアーの回収も早いです。しかし3モデルの中でも巻き心地は多少重たくなります。

しかし、これまでHG(ハイギア)を使った経験がある人ならストレスなく使えるし、使ったことがない人でも慣れたらそこを問題視することもなくなります。

ライトゲームを更に楽しみたい方はぜひ検討してみて下さい。

C2500S:しっかりめのルアーを投げたいならコレ

21ソアレXR リール

出典:シマノ

 

ライトゲームの中でも15g〜20gなどのしっかりめのルアーを投げてみたい人にはこのモデルがおすすめですね。

湯川マサタカさんが真鯛を釣り上げたのもC2500Sなので不意な大物にもしっかり対応できるモデルとなっています。

地磯や流れの早いポイントなどでは、少し太めのラインを巻いて重めのルアーを投げる事が多くなります。

なので、『ライトゲームでも少し攻めた釣りをしたい人』はぜひ検討してみて下さい。

 

ソアレXR リールのレビューまとめ

本記事は『【21ソアレXR リール】をレビュー:ライトゲームに欠かせない技術が多く搭載されている!』について書きました。

21ソアレXR リールはハイレスポンスドラグを採用したことにより、スムーズで滑らかなドラグシステムとなったリールとなりました。

それにより、バラシの軽減とライントラブルを大幅に減少、不意な大物にも対応できています。

ライトゲームをさらに楽しみたい方や、様々なシチュエーションに対応したリールが欲しい方はぜひ検討してい見て下さい。

最新価格を見てみる▼

 

 

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。