ショアジギング

ショアジギングでのリーダー選びは超大事!おすすめ3選も紹介

読者の悩み

ショアジギング用のリーダーの選び方とおすすめが知りたい、、。

 

コレについて書いていきます。

 

どうもナカシン(@e55361855)です。

この記事の信頼性

僕は20歳からショアジギングを始めました。

写真はショアジギングで釣った魚の一部になります。

 

ショアジギングで使うリーダーについてちゃんと考えていますか?

 

僕も最初の頃は何も考えずに適当に選んでいましたが、途中で切れたりジグの動きが悪くなったりと色々失敗してしまった経験があります。

 

ここではあなたに僕みたいな失敗をしないために正しいリーダー選びとおすすめのリーダー3選を紹介します。

 

ということで本記事は『ショアジギングでのリーダー選びは超大事!おすすめ3選も紹介』について書いていきます。

 

ショアジギングでのリーダーの太さ

結論から言うと、使うジグの重さによって変えることをおすすめします。

 

僕の使い分け方は以下のとおりです▼

  • 10g〜20g:15lb〜19lb
  • 30g〜40g:20lb〜30lb
  • 60g〜100g:40lb〜50lb

少し解説します。

 

10g〜20gなら15lb〜19lbが良い。

重量が10g〜20gのメタルジグを使うなら15lb〜19lbのショックリーダーが良いです。

 

ターゲットはサバ、アジ、サゴシ、ワカシなどの小型青物〜中型青物です。

 

コレよりも細くなると負荷に耐えられず途中で切れたり、太くなるとアクションをさせた時のジグの動きが悪くなるので釣果が上がりづらくなります。

 

このぐらいの重さのメタルジグならエギングロッドでも扱えます。

 

ナカシン
ナカシン
号数でいうなら2号〜4号ぐらいだね、種類によってlbは違うから注意!

 

30g〜40gなら20lb〜30lbが良い

重量が30g〜20gのメタルジグを使うなら20lb〜30lbのショックリーダーが良いです。

 

ターゲットはサゴシ、イナダなどの中型青物やヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュです。

 

40gまで使うことを想定するとある程度強度が必要になってきます。

 

しかしあまり太くなるとアクションさせた時の動きが悪くなってしまうので、20lb〜30lbぐらいがちょうど良いと使っていて感じました。

ナカシン
ナカシン
20lb〜30lbはシーバスでも使えるのでシーバスタックルでそのまま使ってもOK

60g〜100gなら40lb〜50lbが良い

重量が60g〜100gのメタルジグを使うなら40lb〜50lbのショックリーダーが良いです。

 

ターゲットはイナダやブリ、ヒラマサなどの大型青物です。

ヘビー級のメタルジグを使う時は、高強度を重要視しなければなりません。

 

リーダーもそうですが、タックルもそれなりにパワーがあるものを選ぶのがよいでしょう。

 

ショアジギングでのリーダーの素材選び

結論から言うと、フロロカーボンをおすすめします。

 

ショックリーダーの素材の種類は

  • フロロカーボン
  • ナイロン
  • カーボナイロン

 

その中でもフロロカーボンをおすすめする理由を少しだけ解説します。

 

フロロカーボンは耐久性が高い。

フロロカーボンは他の素材に比べ、耐久力が高いです。

 

ショアジギングでは、リーダーが障害物に当たり劣化したり、刃が鋭い魚にリーダーを切られる事もあります。

 

なので、なるべく劣化に強く、刃が鋭い魚がヒットしても釣り上げるために耐久性が高いフロロカーボンをおすすめします。

 

フロロカーボンは透明色

フロロカーボンの良いところは、クリアカラーのものが多いので魚への警戒心を軽減します。

 

ナイロン素材は乳白色系が多いので、水中に入れても少し見えてしまうんですよね。

 

メタルジグに一番近いリーダーに少しでも気づかれないように色にも気を使うことも大事になります。

 

それでもナイロンを選ぶ人もいる。

ここではフロロカーボンをおすすめしてますが、中にはナイロンが良いという人もいます。

 

理由は以下のとおりです。

  • ナイロンは伸びがあるのでバラしが少なくなる
  • フロロカーボンと比べて扱いやすい。

こういったことからナイロンラインを使う人もいます。

 

しかしナイロン素材は好みがかなり分かれるので、ぶっちゃけフロロカーボンを選んだほうが失敗はほぼないでしょう。

 

なのでリーダーの素材選びで失敗したくないならフロロカーボンを選びましょう。

 

ショアジギングのおすすめリーダー3選

ではショアジギングで活躍するおすすめのショックリーダー3選を紹介します。

 

選んだ基準は、コストパフォーマンスに優れたショックリーダーを選ばせていただきました。

 

ラインナップは以下にとおりです▼

 

それぞれ解説します。

クレハ シーガー グランドマックス ショックリーダー

このリーダーを一言で表すと、『細くて高強度』と言えるほど最強のフロロカーボンリーダーです。

 

20g前後のメタルジグを使う時に、あまり太いリーダーだとメタルジグの動きが悪くなるので細くて高い強度のリーダーを探していた時に見つけたのがクレハ シーガー グランドマックス ショックリーダーです。

 

通常のリーダーの1号サイズダウンしても強度がほとんど一緒なのが魅力的なショックリーダーです。

【シーガー グランドマックス ショックリーダー レビュー】細いのに、強度抜群のコンパクトサイズリーダークレハ グランドマックスショックリーダーのレビュー記事です。使用してみた感想と強度を他リーダーと比較したりなど詳しく解説した内容になります。...

HARDCORE POWERLEADER CN

ナイロン素材+フロロカーボン素材をハイブリットした『カーボナイロン素材』のショックリーダーです。

 

フロロカーボンの耐久力と感度、ナイロンの操作性、強力な直線・結節強度が合わさっているので素材選びで迷ったらコレを選んで問題ないでしょう。

 

コスパも良いので入手しやすく、尚かつショアジギングで使うとかなり便利なので試してみるのもありですね。

【デュエル パワーリーダーCNレビュー】どんな釣りでも使えるハイブリットショックリーダーデュエル ハードコア パワーリーダーCNのレビュー記事です。実際に使用してみて感じたことや、使用して分かったメリットとデメリットなど詳しく解説してます。...

DUEL CARBON パワーリーダーFC

初心者〜上級者まで幅広く愛されているフロロカーボンショックリーダーです。

 

なるべく低予算で良い品質のものを選びたいならおすすめです。

 

耐久力も高く、感度も良いのでなるべく失敗したくない人は無難にDUEL CARBON パワーリーダーFCべばいいしょう。

【デュエル ハードコア パワーリーダーFC インプレ】100%フロロカーボンのコスパ最強リーダー評価:4.0 どうもナカシン(@e55361855)です。 色んな種類のリーダーがある中で、低価格のリーダーは耐久力や強度に...

ショアジギングのリーダー選びまとめ

本記事は『』について書きました。

 

リーダー選びをまとめると▼

  • 10g〜20gのメタルジグなら15lb〜19lbのリーダー
  • 30g〜40gのメタルジグなら20lb〜30lbのリーダー
  • 60g〜100gのメタルジグなら40lb〜50lbのリーダー
  • リーダーの素材はフロロカーボンがおすすめ

以上になります、上記で話したことは経験談によるもので1番正解に近いものだと僕は思っています。

 

コレで今まで失敗は少なかったので、是非試してみてください。

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。