ロッド

シマノのネッサBBロッドを選ばない理由がない!サーフフィッシィング最高のコスパロッド

シマノの『NESSAシリーズ』は
歴史が長く、ファンが多いのも事実。

その中でもロッドは、どのモデルも高価なものばかりで手を出すのが難しいんですよね。

しかし、メーカーの『多くのアングラーにNESSAの良さを感じて欲しい』

という思いで登場したのがハイコストパフォーマンスロッドであるネッサBBです。

画像出典:シマノ

ヒラメに標準を合わせて開発されたサーフロッドで特に遠投性能が高い。

ラインナップは全4種でどのモデルも長さが10フィート(3m)超えだが、初心者でもキャストしやすいのが特徴です。

『サーフで価格が安くて高性能なロッドが欲しい!』そういった人に渡しはネッサBBをおすすめしたいところです。

ということで本記事は『シマノのネッサBBロッドを選ばない理由がない!サーフフィッシィング最高のコスパロッド』について書いていきます。

最新価格を更新!▼

ネッサBBロッドの特徴

NASSAシリーズのDNAを受け継いで、より多くのアングラーにサーフゲームを楽しんで欲しいという事から価格も1万円台で入手できるのが大きな特徴ですね。

画像出典:シマノ

 

ブランクス部分は、重めのルアーやメタルジグでもフルキャストが可能

ヒラメの引きにも負けないパワーを生み、より粘り強い釣りを楽しむことが出来るようになっています。

画像出典:シマノ

 

全てのモデルが10フィート(3m)超えなのに、扱いやすくストレス軽減の効果を発揮しているのはハイパワーXを採用しているから

よりシャープな操作性と、ロングロッドのデメリットを大幅に抑えられています。

画像出典:シマノ

 

上級モデルのNESSAロッドは、ブランクスが強めなので初心者では扱いづらい印象を持たれます。

しかし、ネッサBBは他と比べ軟調子なので、非常に扱いやすい。

だから初心者〜上級者まで幅広い層から注目を浴びているんです。

画像出典:シマノ

 

リールシートには『CI4+リールシート』を採用し感度と操作性を向上、ロッド全体の軽量化にも貢献しています。

これがあるだけで、釣りへの集中力も上がるので個人的には魅力に感じますね。

画像出典:シマノ

 

価格が安いのに、性能に妥協がない。

ネッサBBは本当の意味でサーフアングラーの人口が増えるきっかけを作った革命的ロッドですね。

画像出典:シマノ

 

ネッサBBロッドの口コミ評判

実際の使用者の口コミ評判をツイッターから引用▼

 

ネッサBBの各モデル選び方

画像出典:シマノ

ネッサBBのモデルは全4種▼

  • S1002M
  • S1008MMH
  • S1102MMH
  • S1002MH

各モデル別で解説します。

S1002M:全国各地のヒラメに対応

全国各地のサーフヒラメに対応、シリーズの基軸ともなるモデルなのがS1002Mの特徴です、ルアーの遠投性を保ちつつ、軽量ルアーに対応し操作性もずば抜けて扱いやすい。

ブランクス自体が柔らかいので、初心者から上級者まで選べるモデルとなっています。

このモデルをおすすめしたい人は▼

  • 釣りに慣れていない初心者
  • ヒラメ特化したロッドが欲しい人
  • 多種多様なルアーを使用する人

当てはまったら検討してみて下さい。

 

S1008MMH:飛距離とパワーを重視

先程のS1002Mにルアーの飛距離と青物の引きにも対応できるパワーを搭載したのがS1008MMHの特徴ですね。

操作性は多少落ちますが、サーフでの様々な魚種に対応しており、サーフエリア攻略を目的とするならこのモデルが向いています。

このモデルをおすすめしたい人▼

  • ヒラメ以外の魚種も釣りたい人
  • 年中サーフで使いたい人
  • サーフ用のロッドで失敗したくない人

4つのモデルの中で、サーフ用ロッドとして1番使い勝手が良いモデルだと私は思っています。

遠投性、操作性、扱えるルアーも多種多様、狙える魚種も多い事から、私はこのロッドを多くの人におすすめします。

S1102MMH:ルアーの飛距離がダントツ

サーフの釣りで重要視される『ルアーの遠投性』をフルに発揮しているのがS1102MMHの特徴です。

全長11.2フィート(3.4m)の長さがルアーを遠くに飛ばす為の武器となり、飛距離が伸びれば伸びるほどヒット率も上がりやすくなるので、サーフエリアでの釣果を底上げできるでしょう。

このモデルをおすすめしたい人▼

  • ルアーの飛距離を伸ばしたい人
  • 幅のあるルアー操作を引き出したい人
  • 荒波の中でも使用したい人

ロッドが長い分、扱いに少し苦戦すると思われますので中級者以上のアングラーに向いています。

メタルジグとの相性は非常によく、シリーズ最長のこのロッドで広く魚にアピールすることが出来るのでボウズを回避しやすいでしょう。

 

S1002MH:重量級ルアーの操作性が高い

40gを超えるルアーやメタルジグとの相性がよく、強風や荒波でもしっかり釣果を出せるのがS1002MHですね。

サーフゲームのスペシャリスト堀田光哉さんもお気に入りと言われるほど、長さと硬さのバランスがいいモデルとなっています。

このモデルをおすすめしたい人▼

  • メタルジグを多用する人
  • 大型魚をターゲットにしたい人
  • ルアーの重量と操作性を重視している人

とくにショアジギングをしている人がS1002MHを使用すれば恐らくしっくりくる使用感を得られると思います。

高波や、強風下の中でメタルジグを使用した時の操作性とコントロール性が安定するのであらゆる環境に対応しています。

まとめ:ネッサBBでサーフを攻略しよう。

本記事は『シマノのネッサBBロッドを選ばない理由がない!サーフフィッシィング最高のコスパロッド』について書きました。

ネッサBBはシリーズの中でもコストパフォーマンスに優れたサーフ専用ロッドとなっています。

ネッサのブランドを手軽に体感したい、各地のサーフを攻略したい人には優秀なロッドとなっています。

最新価格を更新!▼

ABOUT ME
ナカシン
当サイトは釣り人の為の釣具とアウトドア用品情報サイトです。 最新釣具の情報と、実際に使用した釣具やツールのインプレなどをメインに私なりの考えと、他の使用者の口コミなどを合わせ、出来る限り確実な情報をお届けしてます。 また釣り攻略情報も私の経験談とプロの方を参考にしております。